Work

【簡単】サラリーマンが顔出しなしでもYouTubeで収益化できるジャンル11選

  • YouTubeをやりたいけど、顔出しして会社や知り合いにバレたら嫌だな。
  • 顔出しなし収益化できるジャンルってあるんだろうか?
  • サラリーマンで時間もないから、簡単に収益化できるジャンルを知りたい。

こんな風に思っていませんか?

YouTubeは今、
どんどん育っているメディアです。

ここに乗る事はできないか??
と考える人は多いです。

でも、多くの人が
会社勤めのサラリーマン。

YouTubeをやってみたくても、
顔出しや声出しをして
身バレしたら恥ずかしいですよね。

会社の人にバレるのも嫌ですよね。

自分には何のネタも無い
動画にできるほどの特技も何もない。。

YouTubeってやっぱり自分みたいなのではできないのかな。。

そう感じてしまいますよね。。

僕もまさにソウ思っていたので
その気持ちはよ~く分かります。

でも本当は全然違います。

この記事ではこんな事を解説します。
  • 顔出しなしでも収益化を狙うことは可能な理由
  • むしろ顔出し&声出しなしの方が大きく伸ばせる
  • 声出し、顔出しなしのYouTuberのデメリット
  • サラリーマンが顔出しなしでも簡単に収益化できるジャンルの紹介
  • 顔出ししないと成り立たないジャンル

この僕が2016年から5年以上
サラリーマンをやりながら
顔出し、声出しなし
7つのYouTubeチャンネル
運営しています。

中には60万人を超えている
チャンネルもあります。

その全てが顔出し、
声出しなしです。

この記事では
僕のネタをバラします。

全部まねしてOK。

再現性もありますので
もし、まねして成功したら
ジャンジャン僕に報告して下さい。

ネットで検索しても
ここまで書いてある記事は無いので
ぜひ参考にして下さい。

YouTubeは顔出しなしでも収益化を狙うことは可能です


結論、YouTubeで顔出ししないと
収益化できないと思うのは
大きな誤解です。

その3つの理由
  • この僕がまさにそうだから。
  • YouTubeを見渡しても多くの事例があるから。
  • 「顔出ししないとダメ」は大きな誤解だから。

順番に解説します。

この僕がまさにそうだから

何度も言っていますが、
この僕は隠れYouTuberです。

隠れYouTuberとは、誰にも知られず
YouTubeで大きく稼いでいる人の事です。

僕がYouTubeで大きく稼いでいる事は
家族と一部の知り合いしか知りません

僕が隠れYouTuberの道を選んだ理由
  • 会社にバレたら何を言われるか分からないから。
  • 学生時代の友達にバレたら恥ずかしいから。
  • 顔出しで身バレしたら危険だと思ったから。

おそらくほとんどの人が
こんな状況だと思います。

で、隠れYouTuberのこの僕が
顔出しなしでYouTubeで
収益化しています。

もっと言うと、動画にできるような
特別なネタも特技もありません。

それなのにサラリーマンをやりながら
7つのチャンネルを運営しています。

YouTubeを見渡しても多くの事例があるから

日本の上位にいる
顔出しなしのチャンネルは
山の様にあります

たとえば、日本で有名な
YouTubeのランキングサイト
yutura(ゆーちゅら)を見て下さい。

上から順番に見ても
顔を出していないチャンネル
結構ある事が分かります。

「顔出ししないとダメ」は大きな誤解だから。

『YouTube=顔出ししないとダメ』
コレは大きな誤解です。

ヒカキンさんとか
はじめしゃちょーとか。

日本の有名なYouTuberが
顔だししているから
顔出ししないとダメと思うのでしょう。

僕もYouTubeを始める前の
2016年まではそう思っていました。

でも、実際は違います。

YouTubeでは、むしろ顔出し&声出しなしの方が大きく伸ばせる


まさにこの通りです。

その2つの理由
  • 海外に出れるから。
  • レバレッジが効くから。

海外に出れるから

声を出さない動画とは
言葉の障壁が無くなるので
海外に出れる可能性があります。

僕も実は海外に出れた事で
チャンネルを短期間で
大きく伸ばす事ができました。

その理由はこれ

  • 日本の人口= 1億人
  • 世界の人口=80億人

日本語の動画は1億人が対象ですが
声を出さなかったら80億人が対象です。

ここで誤解を恐れずにはっきり言います。

日本のトップYouTuberの数字は
世界的にみると、
全然大したことはありません。

むしろ、日本にも
数字を公表していない
隠れYouTuberが沢山います。

最近はタレントや格闘家が
すごい勢いでチャンネルを
伸ばしています。

でも、声出ししているかぎり
1億人にしか届きません。

声出しなしの方が青天井という事です。

レバレッジが効くから

顔出し&声出しなしでチャンネルが育てば
誰がやってもチャンネルを運営できます。

たとえばHikakinTVとかは
ヒカキンさんが出ないと
チャンネルが成り立ちません。

朝倉未来さんもそうです。

自分が元気なうちは
チャンネルを運営できますが
病気になったりしたら
新しい動画を投稿できません。

でも、顔出しなしのチャンネルなら

誰でも動画を作れます。

誰が動画を作っているかは
関係ないからです。

動画製作を外注化する事も可能です。

チャンネルが育ってしまえば
あとは管理さえすれば
YouTubeで稼げたりします。

レバレッジが効きまくりですね。

声出し、顔出しなしのYouTuberのデメリット

お!顔出しなしの方が良いことだらけじゃないか!

確かにそうなんですが
この章ではデメリットについて
解説してみます。

顔出しなしで運営する2つのデメリット
  • 横展開に弱い。
  • 顔出しなしでは無理なジャンルもある。

横展開に弱い

チャンネルが人気になっても
本人は全然有名人ではありません。

この僕がまさにそうです。

60万人を超えるチャンネルを
運営していますが
まさか、僕がやっているとは
誰も知りません

60万人もの人が僕のチャンネルを
登録してくれています。

ということは登録しない人もいるので、
少なくとも100万人以上
僕のチャンネルを知っていると思います。

で、そんな僕が
このようなブログを突然作っても
同じ様に認知されません。

Twitterをやっても
0からの挑戦となります。

60万人超えチャンネルが
もしも顔出しならば
ブログやTwitterも早く育つはずです。

顔出しなしなら、横展開には弱いですね。

顔出しなしでは無理なジャンルもある

顔を出さないと
成り立たないジャンルもあります。

たとえばこんな感じ
  • 筋トレ&ダイエット系
  • 美容系
  • エンタメ系
  • タレント

筋トレ&ダイエット美容系

コレは人気のジャンルですが
顔や体を出さないと成り立ちません。

実はこのジャンルは
僕が顔出し無しでやってみました。

でも顔出ししないと
説得力がありません。

エンタメ系

これに関してはお面やマスクを付けて
成功しているチャンネルもあります。

一言で顔を出さないと
成り立たないとは言えませんが
サラリーマンをやりながら
副業でやるのはキツイです。

タレント

最近は多くのタレントが
YouTubeに参入してきてます。

彼らがYouTubeやるのに
顔出し無しではもったいないですね。

忙しいサラリーマンがYouTubeで顔出しなしでも簡単に収益化できるジャンルの紹介


ここからがネタばれ章です。

かなり有益な事を書きますので
心して読んで下さいネ!

副業でもできるジャンルの見つけ方とは

結論、生活の一部
ネタにするという事です。

生活の一部なんで、
ネタを見つける心配がありません。

スマホさえあれば撮影可能です。
  • 動画撮影に時間をかけない。
  • 動画編集に時間をかけない。
  • 生活の一部をネタにする。

これがまさにポイントです。

僕が実際に挑んでいるジャンル

書こうかどうかマジで迷いましたが
ここに書いてあるジャンルは
僕が実際に挑んでいるジャンルです。

YouTubeをやりたくても
できないと感じている人が
参考になれば幸いです。

全然マネしてOKです!

  • キッズ系
  • 当たり前系
  • 食レポ
  • 場所の紹介
  • 資格取得
  • ペット系
  • 本要約系
  • 趣味系
  • パソコン画面系
  • ラジオ系
  • なんでもかんでも動画化

それぞれを具体的に解説したいたら
かなり長くなりそうなんで
ザックリ解説します。

キッズ系

気付いている人もいると思いますが
僕の60万人以上のチャンネルはこれです。

自分には絶対無理だと思っていましたが
やってみたらドはまりしました。

YouTubeで人気のジャンルといえば
やっぱりキッズ系です。

YouTubeでは子供向け動画が
厳しくなっていますが
根強い人気のあるジャンルです。

その理由はアメリカです。

アメリカでは12月になると
大人は子供におもちゃを
プレゼントする文化があります。

おもちゃ市場はどんな時代でも
根強い需要があります。

ここに広告費を投じたい企業は
山のようにあります。

そんなジャンルで声出ししなければ
海外にも出れるチャンスがあります。

この辺りの話は、また別の記事で
詳しく書いてみます。

当たり前系

自分にとって当たり前だけど
他からみると当たり前でない事って
結構あったりします。

たとえば、大工さんなら
日々持っている道具の紹介とか。

工事屋さんなら工具の紹介とか。

自分にとって当たり前すぎるその風景が
他の人から見ると
意外と価値があったりします。

こんな動画、見られるワケがないと
決めつけない事がコツです。

食レポ

食事って基本1日3回ですよね。

なので、自分の食事を
毎回動画にしましょう。

これは僕もやっています。

別にしゃべらなくてOKです。

ラーメンとか寿司とか
おいしそうに撮影するのがコツです。

場所の紹介

先に書いた「当たり前系」と似ていますが
場所に特化した当たり前の風景です。

たとえば、、
  • 近所にある無名の神社とか。
  • 最寄りの駅とか。
  • 近所の踏切とか。

近場にある風景をスマホで撮りまくって
YouTubeに投稿してみて下さい。

意外と再生されたりしますよ。

資格取得

資格を取る所を
動画化する手法です。

自分が学んだことを
動画にしていきます。

学んだ瞬間が
最も理解していますよね。

その時にすぐに動画にしておいて
自分が復習する時も使えます。

他の人もその動画で勉強できます。

まさに一石三鳥
  • 自分も復習できる。
  • 他の人も勉強できる。
  • 資格も取得できる。

ワンちゃん再生されなくても
落ち込む必要がないのが
おススメするポイントです。

ペット系

家に猫とか犬がいるなら
その様子を動画にしましょう。

ただ撮影するだけなので
超~楽です。

カブトムシや亀でもいいです。

ヘビとかカメレオンとか
珍しい動物を飼っているなら
今すぐにやった方がいいです。

本要約系

先に書いた資格取得系と似ています。

本を読んだ時が
最もその本の知識がある時です。

せっかく読んだ本の内容を忘れないように
自分のためにも残しておきましょう。

他の人のためにもなるかもしれません。

趣味系

バイクや山登りなど
趣味があるなら
それを動画にしてみましょう。

たとえば釣りとか、
顔出しする必要は全くありません。

その場所で、その仕掛けで
どんな魚が釣れるのかを見たいだけです。

パソコン画面系

たとえばこのブログ記事を
画面を撮影しながら
しゃべりで解説する動画です。

声出しは必要ですが
ブログを書くだけで
動画を作る事もできます。

ラジオ系

最近は音声コンテンツが
流行り始めています。

YouTubeでも、動画じゃなく
聞きくだけで理解できる
チャンネルが増えています。

しゃべるネタがない、、
そんな声が聞こえてきそうですが
全然大丈夫です。

本要約系でも説明しましたが、
たとえば、雑学とか話のネタとか。

それ系の本を読んだ直後に
自分の言葉で解説する動画を作りましょう。

雑学ってすぐに忘れてしまいますが
そのチャンネルに残しておけば
自分のためにもなります。

知識をストックするのに
YouTubeを使いましょう。

なんでもかんでも動画化

とにかく生活の一部を
なんでもかんでも動画にする手法です。

洗車、米を精米する、洗濯物を乾かす
コインランドリー、散歩の道中・・

ありとあらゆる生活の一部を動画化します。

再生されなくても
全然失敗ではありませんよね。

むしろやり続けていたら
突然ある動画が爆発する事があります。

とにかくなんでもかんでも
スマホで撮影したら即投稿。

コレを続けるだけです。
なんの努力でもありません。

まとめ YouTubeで顔出しなしでも収益化できる


いかがだったでしょうか。

この記事では僕の経験を元に
かなりぶっちゃけた内容を書いてみました。

YouTubeチャンネルを運営するのって
実は超~簡単だったりします。

でも、多くの人が1円も稼げずに
諦めてしまいます。

ちょっとでもYouTubeに興味がわいたら
今後の記事も楽しみにして下さいね。

»YouTubeはまだ稼げるか?初心者が失敗する仕組み選びと僕の数字を初公開