Work

顔出しなしのYouTube動画の作り方 マネしてOK【僕のチャンネルを公開】

  • YouTubeをやってみたいけど顔出しはしたくない
  • かと言って、Vlog系とかゲーム実況とか難しそうだな。。
  • サラリーマンをやりながら簡単にできるジャンル動画を作る方法って無いのかな。。

こんなモヤモヤを抱えていませんか?

顔出しなしでも、
YouTubeを始めれる事は分かっても
講義系とか、ノウハウ系とか
難しすぎますよね
。。

サラリーマンで、副業でやるなら
マジで時間がないですよね。

もっと簡単に動画を作る方法
簡単なジャンルを知りたいですよね。

本記事の内容
  • YouTubeで顔出しなしでも簡単に収益化できるのは、結論『食レポ』です。
  • マネしてOK!スマホだけで簡単にできる動画の作り方【僕のチャンネルを初公開】

今回の記事は有料級の内容ですが
無料でお届けしたいと思います。

しかし、無料で読んでもらう代わりに
記事の最後に一つだけ
お願いをしています。

最後まで読んでもらったら
そのお願いだけは
確実に守るようにして下さいネ

» 僕が実際に運営している食レポチャンネルはこちら

僕自身2016年からYouTubeでたくさんの顔出しなしの動画収益化してます。

運営チャンネル数は7個。現在も顔出しなしの現役YouTuberです。

しかも、Vlog系とかゲーム実況とかではありません。難しそうな事はできません

誰でも簡単にできる食レポチャンネルの作り方を、僕のチャンネルを紹介しつつ解説します。

YouTubeで顔出しなしでも簡単に収益化できるのは、結論『食レポ』です。


結論、食レポチャンネルを作りましょう。

食レポチャンネルをすすめる3つの理由
  • ネタを探す必要がないから。
  • 声出しなしでも成り立つから。
  • 再生されなくても落ち込まないから。

順番に見て行きましょう

ネタを探す必要がないから。

普通の人は1日3食ですよね。
1日に3個ものネタがあるという事です。

食べ物を撮影するだけなので
ネタを考える必要がありません。

でも毎日朝ごはんを撮影したってほぼほぼ同じですよ。。

ですよね。

それなら朝ごはんは週に1回でOKです。

珍しい食事の時だけでもOKです。

別に難しく考える必要はなく、
外食した時だけとか
コンビニの新商品とか。

ネタを探す必要がないのが
食レポチャンネルをすすめる理由です。

声出しなしでも成り立つから。

声出ししてもOKですが、
声出ししなくても大丈夫です

映像だけで十分伝わります。

食欲は人間の三欲の一つだからです。

おいしそうな食べ物を見たい欲求は
人間の本能でもあります。

撮影方法さえ外さなければ
視聴維持率の高い動画は作れます。

なので声出ししなくても大丈夫です。

撮影方法は次の章でじっくり解説します。

再生されなくても落ち込まないから。

後で詳しく解説しますが、
僕がやっている食レポ動画の作り方
すごく簡単です。

なので再生されなくても
落ち込む必要がありません。

言ってしまえば
食事の様子を動画にするだけ。

  • 撮影時間は食事の時間。
  • 動画編集は10分以内。

これを努力とは呼べません。。

動画を作っては、YouTubeに投稿します。

時間のある時にまとめて
予約投稿するだけ

僕のチャンネルは常に1カ月先まで
予約投稿
されています。

自分自身もどんな動画を
作ったか忘れてます

なので動画が公開されるのが
毎回楽しみになっています

有料級マネしてOK!スマホだけで簡単にできる動画の作り方【僕のチャンネルを公開】


冒頭でも紹介しましたが、
僕が実際に運営している食レポチャンネルはこちらです。

チャンネル登録者数は
見えない様にしていますが
2021年8月9日時点で1,487人です。

全ての動画はスマホだけ
撮影&編集をしています

たとえばこの動画


85万回以上再生されています

この動画を初心者の人が見たら
「クオリティ高すぎ・・」
思うかもしれませんが
全然そんな事ありません。

気を付けているポイント
さえ押さえたら誰でも作れます。

という事で、
このチャンネルで
気を付けているポイント
下記の項目別に順番に解説します。

概要編

  • short動画でチャンネルが育つ。
  • 海外も視野に入れている。

撮影編

  • スマホで撮影(左手で食べよう)
  • 食物をどアップで撮影する。
  • 外食なら店の周りを撮影。
  • 食事の後半は撮影しない。

編集編

  • 場面をパッパと切り替える
  • 字幕をいれないなら1画面2秒以内
  • 声が入ったらミュート
  • 動画の最初に奇抜な音を入れる。

【概要編】食レポチャンネルの作り方

short動画でチャンネルが育つ。

YouTubeは今
Short動画に力を入れています。

TikTok (ティックトック)に
対抗するためです。

Short動画とは60秒以内の
スマホで立て撮りした動画
です。

動画のタイトルに『#Short』
書いておけばshort動画とみなされます

とにかくすごく再生されやすいので
早めにやった方が絶対にいいです。

海外も視野に入れている。

しゃべらないという事は
海外の人でも理解できます。

日本に興味がある外国人なら
見てもらえる可能性も高いです。

自分にとって当たり前の風景ですが

外人から見ると新鮮なんです。

たとえば、インドの普段の家庭料理とか
日本から見ると珍しい
ですよね。。

僕のチャンネルは一部海外に出ています。

このジャンルで海外に出れたら
桁(ケタ)が2つ変わります。

なので、もっと出るために
チャンネル名を英語にしています。

ちなみに僕のチャンネル名は
Japanese Delicious Files』です。

撮影編 食レポチャンネルの作り方

食レポ動画を撮影する時に
注意しているポイントを解説します。

結論、この4つです。
  • スマホで撮影(左手で食べよう)
  • 食物をどアップで撮影する。
  • 外食なら店の周りを撮影。
  • 食事の後半は撮影しない。

スマホで撮影(左手で食べよう)

僕は右利きなので
右手でスマホを持って撮影します。

動画を見たら分かると思いますが
撮影時は左手で食事をしています。

食レポ動画を撮影するために
左手を鍛えました。

今では普通に左手でも食べれます。

慣れないうちは食べている所は撮らないか
連れの様子を撮影しましょう。

食物をどアップで撮影する

これが美味そうに撮影するポイントです。

やってみたら分かりますが
どアップで撮影したら
かなり美味そうに撮影できます。

とはいえ、どアップばかりだと
飽きられます。

なので、全体を撮影したりして
飽きられないように工夫しましょう。

外食なら店の周りを撮影

これはコメント狙いです

自分の知っている店だと思ったら
コメントをもらえる事が多いです。

なぜか、この手の動画を見ると
自分の知っている場所か??
と思うみたいです。

たとえばこの動画。


50万回以上再生されていますが
コメントに注目してみて下さい。

店の外の様子を1秒入れているだけで
ここは〇〇県のお店でしょう??
とかコメントが来ます。

この動画も48万回以上再生されていますが


コメントに注意してみて下さい。

食事の後半は撮影しない。

食事を始めたら絵的に汚くなります。

たとえば焼魚とか。

サバの塩焼きとか最初は美味そうですが
食事が進むごとに汚くなります。

ハンバーグもそうです。
食べかけの食物は汚く映ります。

なので食レポ動画を撮影するのは
食事の最初だけです。

編集編 食レポチャンネルの作り方

僕の場合編集は
スマホのアプリだけでやっています。

パーフェクトビデオというアプリです。

これの詳細について知りたい方は
こちらから確認して下さい。

スマホで簡単にYouTube動画を編集できるお勧めアプリはこの一択YouTube用の動画をスマホで編集するアプリでどれがいいか悩んでいませんか。YouTubeで僕が最短で7桁稼げる様になれたスマホ専用のお勧め編集アプリを紹介します。ぜひ参考にして下さい。...
食レポ動画を編集する3つのポイント
  • 場面をパッパと切り替える
  • 声が入ったらミュート
  • 動画の最初に奇抜な音を入れる。

場面をパッパと切り替える。

1画面は2秒以内にして、
同じ場面をずっと撮影しない事です。

2秒以下で違う場面に切り替える事で
視聴者さんが飽きずに
動画を見てくれます。

これはTVのCMを見ていたら
分かると思います。

場面を切り替えたら
全然違う場面がいいです。

外食なら店の外周りの映像を
食物の間に入れる事で
飽きさせない動画を作れます。

声が入ったらミュート

家族で外食とかに行っていたら
会話が入る事もあります。

黙って食事する事はないでしょう。

なので、会話が入ったら
編集でミュートします。

パーフェクトビデオなら
ミュートした部分のBGMが
大きくなります。

メリハリのある動画を作る事が可能です。

動画の最初に奇抜な音を入れる。

YouTubeの動画って最初の5秒で
見られるかどうかが決まります

最初の5秒で
いかに工夫するかが大事です。

最初に「おや?」と思わせたら
最後まで見てくれる確率はあがります。

たとえばこの動画。


近所のスーパーで買ってきた
弁当を開封するだけの動画ですが
6万回を超える再生数です。

最初に効果音を入れる事で
この動画の視聴維持率は
70%を超えています。

まとめ 顔出しなしで簡単に戦えるジャンル 食レポ動画の作り方


いかがだったでしょうか。

忙しいサラリーマンが
YouTubeで顔出しなしでも
食レポ動画ならできそうでしょう

今回の記事で紹介している手法は

マネして全然OKです!

最初は再生されないかもしれませんが
コツコツ動画を積み上げてみて下さい。

short動画は現段階では
すごく再生されやすいです。

いつまでそうなのか分からないので
早い者勝ちだと思います。

ポジションを早く取れたら
食事するだけで動画を作れて
収益にもつながります。

まさに一石二鳥ですね。

ブログを作るよりはるかに楽です。

最後に一つだけお願いがあります。

チャンネルの方の
TwitterInstagramなどで、
僕がこんなブログを書いている事は
絶対に言わないで下さい。

僕は隠れYouTuberとして
活動してますので
身バレする事を心から恐れています。

もしも、このブログが大きく育ったら
この記事は削除する予定です。

こんな感じの記事を
今後も書いて行こうと思いますので
お楽しみに~!

動画編集で初心者が押さえるべき3つのポイント おすすめ動画編集ソフト初心者だからといって、高品質な動画編集はできないと思っていませんか。動画編集に特殊な技術や能力は全く不要です。初心者でも使える動画編集ソフトも解説しています。ぜひ参考にして下さい。...