ブログ運営

Googleアドセンス審査 合格後にすべき事│審査コード削除とアドセンス狩り対策

この記事に辿り着いたあなたは
無事アドセンスに合格したのですね!

おめでとうございます!

この記事ではアドセンス合格後に
すぐにやるべき事を解説しています。

結論から言うとこの2つ。

・審査コードの削除
・アドセンス狩り対策

その理由とやり方を
この記事では解説します。

Googleアドセンス審査 合格後にすべき事│審査コード削除とアドセンス狩り対策


もう一度書きますが
合格後、すぐにやるべき事。

それはこの2つ。

・審査コードの削除
・アドセンス狩り対策

すぐやらないといけない理由は、
どちらも致命的な不具合を
起こす可能性があるからです。

順番に見て行きましょう。

審査コードの削除


アドセンスの審査の際に
貼り付けた審査用のコード

コレはすぐに削除して下さい。

理由は、サイト内の色んな所に
勝手に広告が出てしまうからです。

合格の後は、
『審査コード=自動広告コード』
なのです。

「自動広告コード?」
「なんか良さそうじゃん??」

僕は最初そう思って
そのままにしていましたが
相当ウザいです。

トップページのすぐ下や
イイ感じの記事の途中で
いきなり広告が出たりします。

運営者の僕自身が
「ウザい」と思うくらいなので
読者さんにすれば
「相当ウザい」と思います。

離脱率を上げる原因にもなります。

合格したら審査コードは用無しです。

なので速攻で削除しましょう。

どれが審査用コードか分からん・・


アドセンスの審査用コードはこのような感じ。

<script data-ad-client="ca-pub-****************" async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

「ca-pub-****************
**←この部分には自分のIDが入ります。

色んなサイトで
このコードを紹介していますが
時期によって違うみたいです。

どうしても分からん場合は
下記の手順で確認してみて下さい。

Google AdSenseページから

【広告】⇒【サマリー】

『広告掲載の自動化』
コードを取得をクリックしたら
自動広告コードが表示されます。

『自動広告コード=審査コード』

なので、ソレで確認できます。

このコードをアドセンス審査時に
ブログの内に貼り付けましたよね。

ソレを見つけてごっそり削除しましょう。

審査用コードを削除したらアドセンス広告費はもらえないの?


大丈夫です!
そんな事はありません。

今回削除する目的は
変な場所に広告が表示されない事です。

逆に、意図した場所に
広告を表示させるようにしましょう。

その手順はこうです。

①アドセンス管理画面で広告ユニットを作る。

②コードをサイトに貼り付ける。

順番に見て行きましょう。

①アドセンス管理画面で広告ユニットを作る。

広告ユニットを作る場所は
『広告』⇒『広告ユニット』
と進みます。

すると、、

・ディスプレイ広告
・インフィード広告
・記事内広告

この3種類から好きなのを選んで
広告を作れます。

広告コードをGETできたら
自分のサイトにコピペするだけ。

好きな所に貼り付けて下さい。

Googleアドセンス 審査後のアドセンス狩り対策


アドセンス狩りとは
悪い奴が他人のアドセンスアカウントを
停止に追い込む行為です。

よくあるのがコレ。

「こいつ稼いでるな~!くそっ」

勝手に嫉妬してターゲットを決めて
アドセンス狩りを仕掛けてきます。

その手口は大きく2つ。

①アドセンス広告を何度もクリック。

②ターゲットの広告コードを違うサイトに貼り付ける。

本当にひどい事をする人がいますね。。

①アドセンス広告を何度もクリック。


悪意を持った悪い奴が
ターゲットにしているサイト内の広告を
何度も何度もクリックして
アカウント停止に追い込む手口です。

何度もクリックされると
Googleが大変です。

広告料を払う必要があるからです。

その様な行為があると
Googleからアカウントを
停止にさせられます。

もちろん自分でやるのは皆無です。

コレについての対策は
残念ですが防ぐ事はできません。。

しかし、
不正アカウントとして判定されても
Googleにキチンと説明すれば
それほど問題は無いです。

むしろソレをやった人は特定されます。

GoogleはパソコンのIPアドレスや
色んな手段を使ってソレを特定します。

そうでないと
Googleの今後の発展は無いからです。

つまりアカウント狩りをやった人は
二度とGoogleでは稼ぐ事はできないです。

②ターゲットの広告コードを違うサイトに貼り付ける。


他のサイトの広告コードって
簡単に調べる事ができます。

そのやり方は、、

サイト上で右クリックして
「ページのソースを表示」をクリック。

ソレだけで分かってしまいます。

そのコードを悪質なサイトに貼り付ける事で
アカウント停止に追い込むという手口です。

コレも昔は、
よくあった手口です。

でもご安心下さい!
コレについては事前に対策が出来ます。

というか、、
今はGoogleが自動的に
対策してくれています。

我々ユーザーは特にやる事はありません。。

とは言え、
「本当に大丈夫なのか??」

・・と不安な方は
ソレを確認する事もできます。

Googleアドセンス広告許可サイト確認方法

①Googleアドセンスのトップページを開く。

②「サイト」をクリック

③自分のサイトのURLが右側に表示

④「準備完了」と表示されているかを確認。

以上の手順で確認できます。
この状態なら問題ないです。

Googleアドセンス審査 合格後にすべき事 まとめ


とりあえず、
すぐにやるべき事はこの2つ。

・審査コードの削除
・アドセンス狩り対策
(広告表示許可の確認)

そして、広告ユニットを作り
自分の好きな所に広告を表示させましょう。

で、さらにその後にすべき事。

それは、、アクセス数を伸ばす為に
しっかりと価値あるコンテンツを
作りまくりましょう!