YouTubeで成功する秘訣

YouTubeの広告売上 ついに明らかに!YouTuberの今後の対策

今日の記事はちょっと長いですが
かなり重要な事を書いています。

時間のある時にでも
じっくり読んで下さいネ!

┏┓
┗■YouTubeの広告売上初公開!
└──────────────

今回は Google が初めて公開した
YouTube の売上高についてと

◆今後YouTuberが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
どういう方向に行くのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
我々ユーチューバーは

どういうことを考えて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
行動したらいいのかについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
解説します。

数日前に遂に初めて
YouTubeの売上高について明確に
公表されたのです。

◆YouTubeはGoogleの子会社です。

そのGoogleの親会社は
アルファベットっていう会社です。

アルファベットがこの度
決算を発表したんですね。

これまでの決算の中では
YouTube の売上について

『その他の項目』という所に
分類されてたので

正確なYouTubeの
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
広告での売上っていうのが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
明かされていませんでした。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それが先日の決算で
初めて明らかになったというのは

結構大きなニュースでした。

YouTubeに広告が流れていますよね。
その広告での売り上げの事ですね。

▼いくらだと思います??
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
2019年度のYouTubeの売り上げ高は

約1兆6000億円でした。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この数字をどう捉えますか?
桁が多過ぎてよく分かりませんね。。

=======
多くの投資家はすごく少ない
予想よりかなり少ない
そう感じました。
=======

YouTubeの月間アクティブユーザー数って
今世界中で20億人を超えてます。

世界の人口が70億人。

インターネットを使える人口
という部分を加味すると

かなりのシェアを取っている
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
動画投稿ツールと言えます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

同じように
世界のシェアを取っている
プラットフォームとして

〇Facebookが挙げられます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Facebookは
月間アクティブユーザー数が
世界で24億人のです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
…………
YouTubeが20億人。
Facebookが24億人。
…………

近い数なのでよく比較に出される
プラットフォームです。

Facebookの一年間の
広告の売上高っていうのが
約6兆円なんですね。

Facebookは広告で1年間
6兆円売り上げてます。

そしてFacebookは24億人の
月間アクティブユーザー数がいます。

同じように
月間アクティブユーザー数が
20億人いるYouTubeの
広告での売り上げが

年間で1兆6000億円っていうのは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
すごく少ない数字だと思いませんか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

=========
YouTubeを使っている人20億人。
Facebookを使っている人24億人。
=========

▼その売上高が

==============
YouTube=1.6兆億円。
Facebook=6.0兆円。
==============

1/4とまでは言いませんが
YouTubeはFacebookの1/3ですよね。

投資家の期待値が非常に高かったので

YouTubeの1兆6000億円という
低い数字が発表されたことで

割と投資家や専門家達から
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
厳しい意見などがコメントされてます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アルファベットの過去の決算を
実際に見てみると

2017年はおよそ80億ドル
2018年はおよそ110億ドル。

そして2019年は
150億ドルという数字です。

つまりこの2年間で

80億ドルから150億ドルです。

2年間でここまで伸ばすスピード感は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
単体で見ると凄い数字なんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ただただ投資家たちの期待値が
非常に高かったので

▼辛口のコメントが
増えたんですけどね。

事業単体で見ると
ものすごく良い数字なんです。

『2年間で200%!』
とまでは行きませんでしたが

倍近い売上を上げれるくらい成長するって
まあ~中々ある事ではありません。

なので・・

YouTube市場は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
すごく成長しているという
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
捉え方ができます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

Google 全体の売上高は
1年間で17兆円でした。

そのうちの
YouTubeでの売上は
1兆6000億円というのは

Google全体での
約10%を占めているという事です。

◆結構大きなウエイトを
占めてる事業なんだなと思います。

とは言え
これはあくまで売り上げの話です。

┏┓
┗■じゃあ利益はどうなのでしょう?
└──────────────

売上から経費とか
他にかかってる費用を
差し引いた後に残るのが利益です。

だから売上がいくら良くても
経費が多かったら利益は少ないという事。

いくら売り上げが多くても
利益が少なければ駄目ですね。

YouTubeの利益は
一体どうだったのでしょう。

Google全体の利益は
1年間に3.7兆円程度でした。

売り上げが17兆円あって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
利益が3.7兆円。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これがGoogleの事業内容の結果だと
アルファベットは発表しています。

ですが、、

YouTube単体で掛かっている
コストについては

▼何も明記されてないのです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

決算書の項目をよく見ても
どこにも書いてないんです。

つまりYouTubeを運営するために
掛かっているコストは

公表されていないという事です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Google全体にかかった
コストや出費などは書いてあります。

でもYouTubeを運営するのに
一体いくらかかってるのか?
っていうのが全然出て来ないのです。

なのであくまでも推測するしかなくて
いろんなサイトを調べて
僕なりに推測してみたんですが

まあ~やっぱり
推測するしかないですね。

1年くらい前の記事に大体
6千億円~1兆円くらいは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
掛かっているんじゃないか??
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
という感じです。

いろんな推測を専門家達もしてますが
YouTubeというモノを運営するにあたり


一体いくら掛かっているのか
今の時点では正確に公表されていません。

とりあえず売り上げ高は
1兆6千億円あるけど

純利益、利益の部分は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
正確には見えてないのが現状です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏┓
┗■YouTubeが向かう方向?
└──────────────

で、話はちょっと変わって・・

今後YouTubeが
どういう方向に行くのか?

その部分については、

広告の売上について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まだまだ上がる余地が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あるんじゃないかなと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
僕は思っています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ただ懸念される材料として

・ランニングコストが分からん事。
・掛かるコストや費用について。
・ちょっと謎な部分があります。

YouTubeって
ユーザーが動画を投稿するっていう
プラットフォームです。

YouTuberと呼ばれる
クリエイター達が
動画を投稿している
プラットフォームです。

だから著作権や道徳的な関係で

◆問題が色々と多いです。

アメリカで今問題になっているのが

子どもの権利や
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
子供のプライバシーについてとか。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

何かしら社会問題があった時に

その原因がYouTube!という風に
責められることが結構多いんです。

そういう社会問題が起こるたびに
ガイドラインを改訂したり

投稿された沢山の動画達が
ガイドラインをちゃんと
守っているかなど

動画のコンテンツクオリティーを
チェックするために

人やAIなどを開発したり、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
結構お金が掛かっていると思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
セキュリティーや
ランニングコストや
開発費、サーバーの維持費など

意外と費用が多く掛かっていると
分析している専門家も多いです。

一体経費がいくら掛かっているのか?

その辺りがちょっと不透明な部分です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

収益性がどうなのか?

その部分が投資家たちも
みんな疑問に思っています。

YouTubeの求めるコンテンツというのは

広告主がより広告を出稿したいと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
思うような動画コンテンツです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それを沢山増やして行きたいという
方針は今後も変わらないと思います。

我々YouTuberもそれに合わせて
動画を作って行くのが
今後も選ぶべき基本方針なのです。

┏┓
┗■今後のYouTuberの懸念点
└────────────

さらにこの広告単価について
僕の見解を述べてみます。

今もらっているこの単価が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
適正価格であるのかどうかって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
凄く疑問な所があります。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もしかして今後
下がったりする可能性も十分あります。

我々YouTuberは
何を考えておく必要があるかと言うと

Googleがクリエイターに分けてる
収益の単価というのが

適正価格なのかどうかっていうのは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
かなり分からない部分があって
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
=====
どれくらい
還元するのかっていう数値は
本当にGoogleの
さじ加減一つなんです。
=====

だから例えば
今、1再生1円とかもらってたり
高単価な動画だと
2円とか貰えたりしてるんですけど

そういう単価が
適正単価なのかどうかも分からないので

Googleが突然

「来月から1/10にします!」
そう言われても

我々クリエイター側は
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
何もする事ができません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
何の権利もYouTuberには無いので

その言われた広告単価ついては
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
飲むしかないというのが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現状なんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
クリエーターというのは
そういう弱い立場なんですね。

▼何も守られてはいません。

多くの専門家達が
すでに何年も前から
言ってるんですけど・・

YouTubeの広告収益だけに頼らない
ビジネスモデルっていうのも

同時に構築しないとダメだよと。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
これはクリエイターだけではなく

◆YouTuberを抱える
事務所についても
同じことが言えます。

YouTubeの外側で
いかにマネタイズしていくのか

その部分が凄く大事になってきます。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本当にこのGoogleの広告の単価が
いつ下がるか誰にも分かりません。

いつ変動するのかも分かりません。

今までも色んな変動があり
今に至っています。

YouTuberというのは
Googleに稼がせてもらっている。

ただそれだけなんです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
確かに今は
YouTubeが非常においしいと
沢山の人が言っています。

もちろんそれは嘘ではありません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
しかし広告単価が突然下がっても
一切誰にも文句は言えないのです。

その辺りをよ~く
考えといた方がいいですよ。

==============
僕は多分3年以内に
大きく変わるんじゃないかなって
思っています。
==============

下手すると
1/10くらいになる
可能性だってあります。

YouTubeの経費というのは
我々に支払う広告収入
ソレも経費なんです。

ビジネスで言うとその部分は
仕入れですね。

▼安く仕入れて高く売る。

これがビジネスです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

今は高く仕入れて
YouTubeという価値を
高くしている。

そういう事だけかもしれません。

だからYouTubeの広告収益を
収益の柱にするっていうのは

ビジネスモデルとしては非常に
脆弱(ぜいじゃく)かなと思います。

YouTubeの外側にいかに
マネタイズの軸をつなげていくか

柱を持つかっていう部分が
今後2~3年で我々YouTuberが
本気で考えなければならない事です。

YouTubeを稼ぐツールとして
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
使っている人々が
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
考えとかないといけない
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
必須事項だと思います。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今は確かにYouTube市場は
とっても熱いです。

ここで調子に乗らずに
稼いだお金をどの様に次に生かすか。

それは絶対に
考えておいた方がいいですよ。

*僕の失敗経験を書きました。
 ぜひ参考にしてみて下さい。

新しいYouTubeチャンネルで大失敗してしまいました。。